タンザニアの代理店:George Mlayさん

 

 

IMG_7491

 

タンザニアで新たに代理店登録をしてくれたGeorge Mlayさんです。
今年の4月にタンザニアに出張に行った際に提案をして快諾をしてもらいました。
これでタンザニアでは9店目の代理店です。

タンザニアは年式によって税金の率は変わりますが、基本的には全ての年式において輸入が可能となっています。
そのため年式規制のあるケニア(製造8年以内)の街の雰囲気とはガラッと変わって、古い車も多く走っています。
中にはオンボロの軽トラの荷台に10人位の人が乗っていたりとか・・・

ただやはり日本という国を愛してくれているし、街中でも中国人と間違われて「ニーハオ!」と挨拶されますが、日本人ということをいうと特に親近感を持ってくれます。

Georgeさんはまだ20代という若さで自分で会社とショールームを持ってビジネスをしています。
会ったときにも感じましたが、英語も非常に流暢に話し、頭の回転も良い。
これからも共に良い関係を築いていけると思いました。

より多くの良質な日本車をタンザニアへ輸出して、日本を世界に広めていきたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です